2015年05月13日

Android Studio導入


今までEclipseを使用してAndroidの開発を行ってきましたが、どうも使い勝手が悪い印象でした。

そこで、2014年にリリースされたAndroid Studioに乗り換えてみました。

Android.png


Android Studioは、Googleが新公式IDEとしている開発環境で、導入もすごく簡単です。

環境や経験にもよりますが、私の場合、Eclipseの開発環境を整えるのに、5時間くらいかかっていました。

それが、Android Studioは、1時間もかからないくらいで終わっちゃいます(^−^)

今から開発を始める人にはAndroid Studioをお勧めです。

しかし、Android Studioを使用してみた感じでは、動作がとても重いです。

メモリが4GのPCで使用しており、これが原因かと思われました。
Android Studioを起動するだけで3G程度使い、それにエミュレータを起動するとプラス1Gとか平気で使います。
一応メモリの使用量の制限など設定できますが、それでもイマイチ納得いく環境はできませんでした。


推奨は、メモリ4Gとなっていますが、全然足りません・・・



そこで、メモリを増設して12Gにしたところ、動作も劇的に速くなりました。
現在は6G程度を使用しています。

8Gあると安心だと思います。

インストールから設定まで以下のページを参考にしました。
http://7ka.org/android-studio-install/
http://techacademy.jp/magazine/5238
http://thinkit.co.jp/story/2015/02/26/5646
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1412/09/news059.html
ページの管理者様ありがとうございました<(_ _)>


以上、導入後、ちょっと使用してみた感想でした。

タグ:FUMI
posted by Kodai at 09:56| Comment(0) | Android

2012年08月29日

文字列比較


Android開発備忘録。

文字列の比較でちょっとハマりました。



Javaで文字列を比較する際、以下のようにしても結果はFalseとなってしまう。

//----------------------------------------------------------------------------------------------
//EditTextは空白で処理
EditText et = (EditText)findViewById(R.id.editText1);

if (et.getText().toString() == "") {
//こっちは通らない
} else {
//結果はこちら
}
//----------------------------------------------------------------------------------------------

なぜだーーー?と調べてると、

「== 演算子」の比較はオブジェクトでの比較のみ有効らしい。。。

ということで、文字列比較はequalsを使う。

//----------------------------------------------------------------------------------------------
//EditTextは空白で処理
EditText et = (EditText)findViewById(R.id.editText1);

if (et.getText().toString().equals("")) {
//これでOK
} else {
//
}
//----------------------------------------------------------------------------------------------

これでTrueが返る。


C#やVBでは気にしなくていいことなので、ちょっと戸惑いました。
気を付けよう。(-_-)ψ

Android_robot.svg.png
タグ:FUMI
posted by Kodai at 10:49| Comment(0) | Android