2013年12月13日

DataGridViewの列ヘッダーの結合(C#)(3)


こんにちは


DataGridViewの列ヘッダーの結合の進化版ができました!!


列ヘッダーを2行表示にしてみました。


dgv.png


これで複数のグループに存在している同じ列名のものも、見やすくなりました!!



次はやはりセルの結合か・・・。

セルの結合は、見た目だけじゃなく編集もできるようにしないといけないので、結構難しいのです・・・。


posted by Kodai at 09:53| Comment(2) | C#

2013年12月09日

弊社ウェブサイトをリニューアルしました!!



こんにちは。ふみです。


この度、弊社ウェブサイトをリニューアルしました!!


HP.png
http://www.kodai-system.com/




前回のウェブサイトは、更新頻度がかなり低かったので、今回は更新頻度を上げていきたいです。


皆様のご意見・ご感想をお待ちしております!!


よろしくお願いいたします<(_ _)>

posted by Kodai at 16:15| Comment(0) | ご案内

2013年10月17日

マウスカーソルの変更


通常、マウスカーソルの変更する場合、

this.Cursor = Cursors.Arrow;

で変更できますが、これでは標準のマウスカーソルしか使用できません。


そこで、自作のマウスカーソルを作成し、それを使用する方法を紹介します。


1.自作マウスカーソルを作成する。

 マウスカーソルファイル(拡張子cur)を作成します。
 作成ツールは自分で考えてください。(←手抜きですみません)


2.自作マウスカーソルをリソースファイルに登録する。

 作成したマウスカーソルを一定のフォルダ(絶対パス)に置いて、それを使用する方法もありますが、
 実行環境に左右されるので、ここではリソースに登録しそれを使用します。

 VSの「プロジェクト」→「既存項目の追加」より、「ファイルの種類」をすべてのファイル(*.*)を
 選択し、自作マウスカーソルファイルを追加する。

 追加されたファイルがソリューションエクスプローラに表示されるので、そのプロパティを表示。

 プロパティ内の「ビルドアクション」を「埋め込まれたリソース」に変更する。


3.リソース内のマウスカーソルを使用する。

 下記コードのように使用します。
 ※ ここでは、自作マウスカーソルの名前を"MyCursor.cur"として説明します。


 System.Reflection.Assembly asm
    = System.Reflection.Assembly.GetExecutingAssembly();

 Cursor myCursor
    = new Cursor(asm.GetManifestResourceStream(asm.GetName().Name + ".MyCursor.cur"));
 this.Cursor = myCursor;


以上でマウスカーソルが変わります。


posted by Kodai at 15:06| Comment(0) | C#